根管治療|歯を抜く、神経を抜くと言われお悩みの方へ|根管治療・歯髄保存ガイド|page2

根管治療|歯を抜く、神経を抜くと言われお悩みの方へ|根管治療・歯髄保存ガイド|page2

  • 0485563620

症例集

カテゴリー:

根管治療

歯を残したい方へマイクロスコープ根管治療 太田市熊谷市周辺の坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 女性
主訴: 歯の根の先の膿の治療をしてほしい ラバーダム防湿 マイクロスコープを使った根管治療をしてほしい 質の高い被せ物をしてほしい
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した精密な根管治療 ファイバーコア直接法 仮歯
治療期間・回数 根管治療+ファイバーコア直接法+仮歯は1回の治療で完了   その後被せ物作製は二回で完了
注意点 メタルコアを安全に外し、ラバーダム防湿 マイクロスコープを使った根管治療で感染源を除去 即日ファイバーコア直接法 仮歯
備考 根管治療は可能であれば回数を減らしたい。感染のリスクを減らせるのと非歯原性疼痛のリスクを減らせるからだ。患者さんには一回の治療で安心して帰っていただいた。 太田市熊谷市周辺歯科 マイクロスコープを使った根管治療が得意な坂詰歯科医院

歯を残したい方へ 根管治療マイクロスコープ 加須市羽生市周辺坂詰歯科医院 

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 男性
主訴: 前歯をしっかりブリッジを作ってほしい。根の先に膿があれば痛みがなくとも、ラバーダム防湿、マイクロスコープを使った根管治療で治してほしい。
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使った根管治療・再根管治療
治療期間・回数 一回の治療で根管治療とファイバーコア直接法と仮歯完了
注意点 一回の治療で根管治療かた根管充填まで終わったが、根尖病変が治らなかった場合、マイクロスコープを使った歯根端切除術を行う。
備考 根管治療は回数はできる限り減らしたほうが良いと私は考える。感染のリスクと、非歯原性疼痛のリスクを減らせるからだ。当院では前歯の根管治療は1回で終わらせることが多い。加須市周辺歯科 マイクロスコープを使った根管治療に力を入れている坂詰歯科医院

歯を残すマイクロスコープ根管治療(エンドペリオ病変)熊谷市太田市周辺坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 40代
性別: 女性
主訴: 左下奥歯が痛い 前医では左下奥歯2歯は抜歯と言われた。 歯を抜かないで治してほしい マイクロスコープ根管治療希望
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープ(Pro-ergo)を使用した精密な再根管治療
治療期間・回数 根管治療と土台は2回で完了 仮歯で数か月経過観察 被せ物は2回で完了  
注意点 本症例はいわゆるエンドペリオ病変である。非常に治療介入の判断が難しい。患者さんの協力もあり根管の治療はうまくいった。ラバーダム防湿、マイクロスコープを使った根管治療で解決できた
備考 今回のエンドペリオ病変は治療の予後が非常に読みずらい症例であった。根管充填後は仮歯で経過をしばらくみた。その後は歯の周囲の骨は回復し、歯周ポケットは消失した。治療後1年ポケットがない状態を維持。

歯を抜かないマイクロスコープ根管治療 加須市久喜市周辺坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 男性
主訴: 膿が溜まってる歯を長持ちさせたい 歯を抜かずマイクロスコープを使った根管治療で歯を残してほしい
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した精密な再根管治療
治療期間・回数 根管治療+ファイバーコア直接法+仮歯は1回の治療で完了させ、その後被せ物作製は二回で完了
注意点 前歯の根管治療は非常に悩む治療だ。治療回数がかかると審美面での対応、再感染の対応に追われる。前歯の根管治療は回数がかかると明らかに治療成績は落ちる。そのようなことを防止するため前歯の根管治療は当院では1回で行うことが多い。もし私のマイクロスコープを使った根管治療でも病気の再発があれば、マイクロスコープを使った歯根端切除術で対応する。
備考 初回の治療時間は約2時間を要した。しかし患者さんは満足された。一回で完了したからだ。ラバーダム防湿、マイクロスコープを使った根管治療を丁寧に行った。根管充填後、同日にファイバーコア直接法を行った。 加須市久喜市周辺のマイクロスコープを使った根管治療が得意な坂詰歯科医院

歯を抜かない 歯性上顎洞炎の治療 加須市久喜市周辺の坂詰歯科院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 男性
主訴: 噛むと痛い 歯を抜かずマイクロスコープ根管治療で歯を残して安心して噛みたい
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した精密な再根管治療
治療期間・回数 根管治療2回で完了  被せ物2回で完了  合計4回
注意点 治療前の診断で考察したことは、なぜ、根尖病変(膿)が溜まったのか?近心方向に根尖が彎曲しており、器具が追従できず、前医での治療は根尖部付近の感染源が除去できず再発したと思われる。通常の器具では対応できない。根管の治療ではニッケルチタンファイルハイフレックスを使用した。
備考 ラバーダム防湿、マイクロスコープ根管治療は二回で完了二回目でファイバーコア直接法を行った。被せ物は二回で完了。現在症状なし。被せ物は自費診療で行った。加須市熊谷市加須市周辺のマイクロスコープを使った根管治療が得意な坂詰歯科院

歯を抜かないマイクロスコープ再根管治療 熊谷市加須市周辺坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 30代
性別: 女性
主訴: 歯を残しい マイクロスコープを使用した根管治療をしてほしい
治療: マイクロスコープを使用した根管治療 補綴
治療期間・回数 被せ物まで4回
注意点 マクロスコープで根管内を覗くだけで治療が終わるわけでない。今回はニッケルチタンファイルを使い汚れを除去し、それでも除去できない感染源はマイクロエキスカで除去した。
備考 この症例はマイクロスコープを使用して治せるわけではない。特殊な道具を使用し根管治療をおこなった。 熊谷市加須市周辺の根管治療が得意な坂詰歯科医院

穿孔修理 非歯原性疼痛対応の鴻巣市北本市周辺坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 女性
主訴: 歯が痛い 噛むと痛い 前医での根管治療の続きをラバーダム防湿やマイクロスコープを使用し歯を抜かず治してほしい。
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した精密な根管治療
治療期間・回数 根ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した根管治療2回で完了  その後は前医へもどってもらった
注意点 治療前に非歯原性疼痛可能性を説明。認知行動療法の説明を行った。その後ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用し歯を抜かない根管治療開始
備考 痛みの原因は非歯原性疼痛(神経を障害性疼痛)、穿孔(パーフォレーション)、MB2の未処置根管が考えられた。根管充填時に穿孔修理(パーフォレーションリペア)を行った。治療後は症状は減少へ。 歯を可能な限り抜かずに残す北本市鴻巣市周辺坂詰歯科医院

歯を残すマイクロスコープ再根管治療の羽生市加須市周辺坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 40代
性別: 男性
主訴: 下顎左側45 ラバーダム防湿とマイクロスコープを使用し精密な根管治療をしてほしい。歯を抜かず残してほしい。
治療: 下顎左側45 ラバーダム防湿とマイクロスコープを使用した歯を抜かない根管治療
治療期間・回数 2歯 の根管治療は1回で終了 2歯で約75分 治療当日に治療は完了。前医にかえって頂いた。
注意点 他院からの紹介患者さん。ラバーダム防湿マイクロスコープを使用し根管治療を行った。当日にBCシーラーを使った根管充填を行い。前医にかえって頂いた。
備考 本症例45は2根管であった。舌側根は狭窄しており手指感覚の根管治療は困難だと思われる。特殊な器具を使用し治療を行った。根管充填にはバイオセラミックスを使用。根尖外に滲出しているが治癒に影響はない。根管治療が得意な歯を可能な限り抜かない坂詰歯科医院

東松山市北本市周辺歯科 根管治療マイクロスコープ 坂詰歯科医院

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 男性
主訴: 歯を抜かずマイクロスコープを使用した質の高い根管治療で歯をしっかり残してほしい 
治療: ラバーダム防湿、マイクロスコープを使用した精密な根管治療
治療期間・回数 根管治療 コア築造は1日で完了 その後ブリッジ作製へ
注意点 ラバーダム防湿を行い根管治療を行った。ニッケルチタンファイルを主に使い感染物質を除去。根管内の汚染物除去確認後、即日根管充填を行った。直後ファイバーコア直接法を行った。
備考 根管充填にはMTAセメントを使用した。根管外に滲出しているが治癒に影響はない。治療後は痛み症状も落ちつき歯を抜かず残せそうだ。マイクロスコープ根管治療が得意な東松山市周辺北本市周辺の坂詰歯科医院

マイクロスコープ根管治療・根の治療/羽生市深谷市歯科周辺の坂詰歯科

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 30代
性別: 女性
主訴: 歯が欠けた  歯の違和感
治療: マイクロスコープ根管治療
治療期間・回数 根管治療2回で完了  被せ物2回で完了  合計4回
注意点 根尖性歯周炎から歯性上顎洞炎を発症している。治療はマイクロスコープ根管治療を行う。エンド三角が非常にきつく難いは非常に高い症例である。
備考 エンド三角を除去し、正確にストレートラインアクセスを作製した。ニッケルチタンファイルを安全に使用するため、また根管洗浄をしやすくさせる。歯性上顎洞炎の治療 羽生市加須周辺の坂詰歯科

樋状根根管治療/羽生市周辺の坂詰歯科のマイクロスコープ 

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 30代後半
性別: 女性
主訴: 左下奥歯の歯茎から膿が出る、歯茎の腫れ、噛むと痛い
治療: マイクロスコープを使用した根管治療
治療期間・回数 回数 根管治療 2回 /土台・被せ物治療 2回
注意点 一回の治療時間は長いです。
備考 初回の治療で症状は消失しました。 二回目の治療で根管充填を行いました。 本症例は複雑な形態をした歯であっため、より慎重な治療を行いました。

歯を抜かない歯根端切除術・根管治療/羽生市周辺の歯科 坂詰歯科

  • 根管治療
  • before

  • after

年齢: 50代
性別: 女性
主訴: 以前根管治療を行った歯が違和感
治療: マイクロスコープを使った歯根端切除術
治療期間・回数 一回
注意点 当院でマイクロスコープを使った根管治療を行ったが治癒しかかった。本症例は難治性根尖性歯周炎をうたっがており根管治療前に治癒しなかった場合は歯根端切除術を行うと説明。根尖部はMTAセメントなので歯根は割と保存している。
備考 治療後の写真は、治療後約一年経過している。骨はだいぶ回復傾向にある。症状もない状態で1年経過している。羽生市加須市周辺のマイクロスコープ坂詰歯科院

ページトップへ戻る